EASECBD

2021/08/14 20:00

安全性について

2017年12月にWHO(世界保健機関)は、カンナビジオール(CBD)事前審査報告書において身体への有害作用や依存性、乱用の可能性が少ないことを示しています。

    > ヒトにおいてCBDは、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない。CBDが多くの他の健康状態のために有用な治療であるかもしれないという初期的なエビデンス(科学的証拠)もある。CBDは、良好な安全なプロフィールをもち、一般的に良好な忍容性(許容性)がある。
    カンナビジオール(CBD)事前審査報告書 概要より一部抜粋

また、CBDの安全性を認めるFDA(アメリカ食品医薬品局)によれば、現時点で科学的根拠を基に報告されている副作用はありません。


CBDは合法?

大麻草由来の成分と聞くと、なんとなく「危険だ」と思ってしまいますが、日本をはじめとした、多くの先進国ではCBDは合法成分として、使用や販売が許可されています。さらに、欧米では医療・健康分野で多くの研究結果が報告されています。

CBD製品の中に違法成分THCが含まれていなく、CBD原料輸入時に厚生労働省の許可きちんと製造・輸入されていれば合法です。


そんなCBDを贅沢に配合した、
Baby Kiyプロデュースの「CBDバスアロマ」を発売中!